<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

膜分離法

ろ過の前に攪拌するとフロックが破壊されろ過が困難になる。
精密ろ過(MF:Microfiltration) 微細な懸濁粒子や細菌
限外ろ過(UF:Ultrafiltration) 水溶性高分子物質(多糖類、蛋白質等)
逆浸透法(RO:Reverse Osmosis) 水溶性高分子物質、イオン
電気透析法 (dialysis) 水溶性電解質が膜を通過。数百〜数千mg/lの脱塩では経済的
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。