<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

ろ過

・清澄ろ過(砂ろ過)
ろ過を続けていて、ろ過抵抗またはろ過水濁度が設定値に達したら洗浄。
有効径:全質量の10%が通過する篩い目の大きさ。
均等係数:60%が通過する篩い目の大きさと有効径との比。大きいほど粒度が不揃い。

・多層ろ過 
ろ層は上層が粗く、下層が細かく、逆洗でこの条件が変わらないと良い。
例 上層:アンスラサイト、中層:砂、下層:ざくろ石の細砂

・薬注ろ過法
原水がろ材に達する直前で凝集剤を入れる。
ろ材全体に吸着させるためにも懸濁物のフロックは小さくてよく、凝集剤の量が少なくてすむ。
高分子凝集剤が不要。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。