<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

活性炭処理

有機物を吸着。水温の影響は小さい。あらかじめSSを減らしておく。
吸着等温線 (活性炭の単位質量あたりの吸着量) ∝ (平衡濃度)n
吸着されやすい物質 @疎水性、A極性が小さく解離していない、B等
遊離塩素は速やかに分解される。
活性炭を新たに充填した充填塔内は酸欠になりやすく、内部作業では充分な換気が必要。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。