<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

生物学的処理法(生物膜法)

・生物膜法 エアレーションタンク内に板状の接触剤を設置し微生物を膜状に増殖させる。
ばっ気した処理水を生物膜に吹き付け、微生物に処理させる。表面(好気性)から0.2mm程度で酸素は消費され、その内側は嫌気性となり、脱窒もおこる。活性汚泥のように全体が阻害物質に曝されることもなく抵抗力が強い。負荷変動に対しても強い。一方SS除去能力は低く、処理水の透明度は低い。面積負荷10〜30gBOD/m2・日。活性汚泥法と比べると、食物連鎖が長い分汚泥発生量が少ない。
生物酸化池法 広い面積が必要だが、維持管理が容易。最近は二次処理水の安定池としての利用が多い。
深さ0.2〜0.3m、滞留時間2〜6日、BOD負荷4〜23g/m2・日

・有機性汚泥の焼却
焼却には立形多段炉、横型回転炉、流動焼却炉等がよく使われる。
通常汚泥の発熱量とは低位発熱量(真発熱量)を指す。
低位発熱量 = 高位発熱量 − 水蒸気の潜熱(水蒸気が凝縮するときの発熱)
湿式燃焼 汚泥をスラリー状のまま高圧ポンプで空気とともに熱交換器、反応塔へ送り、汚泥中の有機物と酸素を結合(湿式酸化)させる。その後、冷却、気液分離、沈降濃縮、脱水。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。