<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

嫌気性処理法

・酸生成過程 通性嫌気性菌によって高級脂肪酸、アミノ酸等を経て低級脂肪酸、酢酸、水素等に分解される(酸発酵)。
・ガス生成過程 偏性嫌気性菌によって二酸化炭素、メタン、アンモニア、硫化水素へと還元的に分解される(メタン発酵:中温発酵36〜38℃、高温発酵53〜55℃)。
・過負荷に起因する低級脂肪酸の蓄積はメタン生成過程に悪影響を及ぼす。
・脱窒の例:メタノールで硝酸を脱窒
CH3OH + H2O → CO2↑ + 6H+ + 6e−
2HNO3 + 10H+ + 10e− → N2↑ + 6H2O
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。