<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

ヒ素

・硫化物、金属のヒ素化合物等として産出。
・ヒ素(V)はヒ素(X)に酸化して共沈。ヒ素(X)は、ヒ素(V)より共沈が容易である。共沈剤は鉄(V)塩、最適共沈pH3〜7(酸性)。一般排水によく使われるアルミニウム塩はヒ素には効果が低い。
・鉄粉法、フェライト法も可能。吸着性は低い。 活性炭のヒ素吸着量も少ない。
・ヒ素(V)の酸化剤としては、塩素でもオゾンでも効果がある。ヒ素(V)のばっ気による酸化は、効果がない。
・無水亜ヒ酸は、塩酸と水酸化アルカリ液に溶解する。
・ヒ素が共沈法によって処理されやすい理由は、金属類と難溶性塩を生成する傾向があるためである。
・ヒ素用キレート樹脂は、低濃度排水に適している。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。