<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

PCB(ポリクロロビフェニル)

・ビフェニルの水素を3〜6個の塩素で置換。塩素が4以上で不燃性。塩素2以下では生物的処理が可能(生物により分解する)。3以上でも、活性汚泥に吸着しやすいので、除去は可能。
・高濃度PCB 廃液は、酸化カルシウムか酸化マグネシウムを添加し粉末化し、1200℃で燃焼処理(高温処理)。
・不溶性なため、アルミニウム塩を使用した凝集沈殿処理である程度は処理できる。
・PCBは疎水性のため活性炭で基準値までの処理は可能。微量残る。
・コプラナーPCB については、ダイオキシン類としての排水基準が適用される。また、凝集沈殿で処理できる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。