<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

有機塩素系化合物

・トリクロロエチレン(TCE)・テトラクロロエチレン(PCE) 揮散法が最も効果的。排ガス処理で回収再利用可。活性炭も効果があるが、吸着量が低い。難燃性。酸化分解法ではPCEの方が安定。二酸化炭素と塩化物イオンに分解される。
・活性汚泥法を適用した場合、一般的なフロック形成細菌が優勢となるため、分解能力持つ特殊な細菌は共生しにくい環境にある。塩素数が多いほど、分解率は低くなる。
・下水処理場でのトリクロロエチレンやテトラクロロエチレンの除去機構は、ばっ気による揮散や生物細胞脂質への化学的吸着などの可能性が高い。
・メタン資化細菌による分解には、メタンオキシゲナーゼという酵素が重要な役割を担っている。活性汚泥中のメタン資化細菌を利用した処理方法は、効果的である。
・嫌気性細菌による分解機構として、塩素原子が一個ずつ外れる脱塩素反応が知られている。(生物的分解において、脱塩素反応は嫌気性条件、脱水素反応は好気性条件で行われる)
・適切な酸化条件下では、二酸化炭素と塩化物イオンに分解される。
・トリクロロエチレンのほうが、1,1,2-トリクロロエタンより分解速度が速い。
・塩素数が多いほど、分解率は低くなる。
・溶存酸素存在下で、二酸化チタンを触媒として光照射する方法が検討されている。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。