<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

セレン

・毒性が強いが、生体必須元素でもある。
・亜セレン酸(セレン(W):SeO32−)は水酸化鉄(V)による共沈処理が有効だがセレン酸(セレン(Y):SeO42−)には効果が低い。
・活性炭は効果が無く、活性アルミナはセレン(W)に対してのみ効果がある。
・自然環境中でのセレンには、溶解性の亜セレン酸とセレン酸とがあり、両者とも安定で酸化還元が起きにくい。
・Se(W)とSe(Y)の存在形態は、セレン鉱物が水に溶解するときのpH や酸化還元雰囲気で異なる。
・イオン交換法は、セレンがすべて解離し、イオンとして存在すれば有効である。
・アルミニウム塩による共沈処理は、セレン処理に有効ではない。
・逆浸透法では高い除去率が得られる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。