<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

フッ素

・フッ素含有排水に水酸化カルシウムを添加して難溶性のフッ化カルシウムを生成させ、フッ素を水中より除去させることができるが、さらに高度に除去するには、後段でアルミニウム塩を添加して水酸化物にフッ化物イオンを吸着させつる。
・ふっ化カルシウム法では、pH や反応時間を最適条件に調整しても、処理水中には10〜20mg/L 程度のふっ素が残留する。フッ化カルシウム凝集沈殿法の最適pHは7である。
・吸着法では、希土類水酸化物を交換体とした吸着樹脂が用いられる。水酸化物共沈法では、水酸化マグネシウムは水酸化アルミニウムと同じ効果を有する。水酸化マグネシウムを用いる場合、最適なpH は10〜11 である
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。