<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

ほう素

・凝集沈殿法では、アルミニウム塩と水酸化カルシウムが併用される。凝集沈殿は、pH9 以上(アルカリ)で行う。大量のスラッジが発生する。
・フルオロほう酸となったほう素は、通常の凝集沈殿では除去できない。
・吸着法では、N-メチルグルカミン形イオン交換樹脂が実用的である。通常のイオン交換樹脂は、実用的でない。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。