<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

アンモニア及びアンモニウム化合物の検定

・アンモニウムイオンは、次亜塩素酸イオンの共存下で、フェノールと反応する。
・尿素、アスパラギンなどの有機窒素化合物は、蒸留の際に一部が加水分解して正の誤差を生じる。
・インドフェノール青の発色は、pH11〜12 が適している。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。