<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

溶存酸素

・20℃純水には約9mg/L の酸素が溶ける。
・デンプン溶液、硫酸マンガン(U)溶液、チオ硫酸ナトリウム溶液、硫酸
・海水への酸素の溶解度は、純水への溶解度より小さい。
・溶存酸素の定量には、ウィンクラー-アジ化ナトリウム変法、ミラー変法又は隔膜電極法を適用する。
・ガルバニ電極を試料中に侵すと、薄膜を透過した酸素が作用電極に達し、酸素量に比例した電流が流れる。
・隔膜形ポーラログラフ式は、水銀滴下ポーラログラフ法において溶存酸素の濃度に応じた還元波が生じることを利用している。
・隔膜電極は温度の影響を受けやすいので、市販計測器はサーミスターによる温度補償を行っている。
・測定時には、通常、空気を巻き込まない程度の速さで、ある一定の流速を与えておく。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。