<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

全リン

・試料中のリン化合物を、ペルオキソ二硫酸カリウムによってリン酸イオンに酸化分解。
・全リン試験用試料は、H2SO4 でpH 約2 として保存する。
・分解しにくい有機物を含む場合は、硝酸-過塩素酸法を用いて分解する。
・アミド硫酸アンモニウムは亜硝酸イオンを分解する。
・塩化物イオンや亜硝酸イオンは、モリブデン青の発色を妨害する。
・全リンは、試料にペルオキソ二硫酸カリウムを加え、高圧蒸気滅菌器中で、120℃、30 分間加熱して、リン化合物をリン酸イオンにしたものをモリブデン青吸光光度法で測定して求める。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。