<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

フッ素化合物

・水蒸気蒸留してフッ化物イオンとした試料に、ランタン-アリザリンコンプレキソン錯体を反応させ、吸光度を測定する。測定方法としては、イオン電極法又はイオンクロマトグラフ法も使用できる。
・試料は水蒸気蒸留しなければならない。
・過塩素酸-リン酸又は硫酸-リン酸の強い酸性として、水蒸気蒸留。試料にアルミニウム、ジルコニウム等が共存すると留出が遅くなるので、リン酸を加えておく。(水蒸気蒸留する前の加熱濃縮操作は、試料にリン酸を加えた状態で行う)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。