<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

フェノール類

・前処理 試料にリン酸、硫酸銅(U)を加え蒸留。
リン酸:フェノール類の分解を防ぐ
硫酸銅(U):硫化水素の発生を防ぐ
酸化性物質が存在するときは、鉄(U)又は亜ヒ酸ナトリウムを加え還元する。
留出液が白濁したら、蒸留をやり直すか、水酸化ナトリウムでpH12〜12.5としてクロロホルムを加え油類及びタールを抽出する。
・測定 前処理した試料をpH約10に調節し、4-アミノアンチピリンとヘキサシアノ鉄(V)酸カリウム(酸化剤)を加え、アンチピリン色素を生成させ、吸光度を計る。色素の呈色が弱い場合はクロロホルムで抽出。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。