<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

水銀

・全水銀(還元気化原子吸光法)
硫酸、硝酸、過マンガン酸カリウム、ペルオキソ二硫酸カリウムを加え、95℃の水浴中で2時間加熱。冷却後、塩化ヒドロキシルアンモニウムで過マンガン酸カリウムを還元し、塩化スズ(U)を加え金属水銀に還元させ、原子吸光測定。
・アルキル水銀(ガスクロ)
試料を塩酸酸性としベンゼンに抽出。L-システイン−酢酸ナトリウムと振り混ぜ、水銀を逆抽出。ガスクロで測定。ベンゼン層に抽出したアルキル水銀化合物を選択的に水層に逆抽出するために、水溶性のL-システインが用いられる。
試料に無機水銀が多い場合には、塩化ナトリウムでベンゼン層を洗浄。
試験対象となるアルキル水銀は、メチル水銀とエチル水銀に限られる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。