<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

全クロム

前処理した試料を過マンガン酸塩によって加熱酸化しクロム(Y)とする。冷却後、過剰の過マンガン酸は、尿素の存在下に亜硝酸ナトリウムで分解し、ジフェニルカルバジドを加え発色させ、測定。ジフェニルカルバジドは、銅、カドミウム、バナジウム、モリブデンなどとも反応する。発色は、液温15℃、2〜3 分後で最高値となり、15 分間はほとんど一定である。鉄の共存は、1mgFe/50mL 程度までは鉄濃度が増大するにつれてクロムの吸光度は低下する。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。