<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

大腸菌群数

・グラム染色陰性、無芽胞のかん菌で、ラクトースを分解して酸と気体を生成する好気性または通性嫌気性の菌をいう。
・デオキシコール酸塩寒天培地は、pHを7.3〜7.5に調節し、100℃で30分加熱滅菌し、手早く冷却する。
・試料を希釈する場合は、希釈後20分以内に培地と混合。
・重層平板培養法(デオキシコール酸塩培地)で、36±1℃、18〜20時間培養。
・ペトリ皿中の集落数が30〜300個のものを計数する(ニュートラルレッドが赤くなる)、試料1ml 中の個数。
・糞便性か非糞便性かの類別には、EC培地かM−FC培地を用いる。
・集落を計数した培地は、高圧蒸気滅菌してから廃棄する。
・グラム染色陰性、無芽胞かん菌で、ラクトースを分解して酸と気体を生成する好気性又は通性嫌気性の菌をいう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。