<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

溶存酸素

・ウィンクラー-アジ化ナトリウム変法
アルカリ性でMn(U)が溶存酸素によって酸化される反応を利用。
酸化性及び還元性物質、懸濁物、着色物質等の影響を受けやすい。
アジ化ナトリウムは亜硝酸塩の妨害を防ぐため

・ミラー変法(DO)
アルカリ性で鉄(U)が溶存酸素によって鉄(V)に容易に酸化される原理を利用。
妨害物質が多く、塩化物イオンなどの妨害もうけるので比較的清浄な水の試験に適用。
試薬:硫酸アンモニウム鉄(U)溶液等

・隔膜電極法(DO) ガルバニ電池方式とポーラログラフ方式がある。温度の影響大。
・一般に、有機物が好気性の微生物によって分解されるときに消費される溶存酸素の量から求める。
・酸又はアルカリを含む試料は、あらかじめ試料のpH を約7 に調節する。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。