<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

COD

・試料を硫酸酸性とし、過マンガン酸カリウムを加えて100℃、30 分間反応させたときに消費される過マンガン酸カリウムの量に相当する酸素の量(mgO/L)で表す。
・添加する銀塩は、塩化物イオンの妨害を防ぐとともに、酸化触媒として作用する。
・試料の採取量は、添加した過マンガン酸カリウム溶液(10mL)が、加熱反応後に4.5〜6.5mL 残るようにする。
・過マンガン酸カリウム溶液のファクターは、0.95〜1.05 の範囲内にあるのが望ましい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。