<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

ガスクロマトグラフ用検出器

水素炎イオン化検出器(FID)
有機物(無機は不可能)

炎光光度検出器(FPD)
有機硫黄化合物や有機リン化合物

アルカリ熱イオン化検出器(FTD)
シアン化水素、有機リン化合物や含窒素有機化合物を検出できる。

電子捕獲検出器(ECD)
設置に際しては、文部科学省に届け出て許可を得ることが求められる。
アルキル水銀化合物、ニトロ化合物、有機ハロゲン化合物を高感度に検出できる。

熱伝導度検出器(TCD)
ガス状物質
キャリアーガスには、ヘリウムや水素

・前処理(塩素化炭化水素類)
ヘッドスペース法 密閉容器に試料と塩析剤を加え、気液平衡になった気相を分析。容器に15〜40%の空間を残す。
パージ・トラップ法 試料を入れたパージ瓶に窒素ガス等を通気し、目的成分を追い出し、トラップ管で捕集。
溶媒抽出法 ノルヘキの様にヘキサンに抽出。
固相抽出法 目的成分を固定相カラムに吸着させた後、アセトンで溶出。

・ガスクロの検出器
水素炎イオン化検出器(FID) キャリヤーガスと水素の混合物を燃焼させる。キャリヤーガスに有機物が含まれると、多量のイオンが生成され電流が流れる。
電子捕獲検出器(ECD) 放射線源からのβ線がキャリヤーガスをイオン化し、電流を流す。ガス中に自由電子を捕獲する性質のある物質(有機ハロゲン化合物、ニトロ化合物等)が含まれると、電流減少。
炎光光度検出器(FPD)水素・酸素フレーム中で物質が加熱されるときの発光を測定。主に硫黄化合物やリン化合物を対象。高感度。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。