<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

ICP質量分析法

・内標準元素としてインジウム、イットリウム等を使う。
・試料溶液を大気圧下でICP 中に導入すると、大部分の原子はプラズマ中でイオン化される。イオンを、インターフェイス部を介して、質量分析計に導入する。そこで特定の質量数のものを取り出し、その強度(イオンカウント)を測定・増幅して個々の元素を定量する。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。