<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

ICP発光分析法(ICP:Inductively Coupled Plasma)

・プラズマ(通常はアルゴン)中に試料(0.1〜0.5mol/Lの塩酸または硝酸酸性とする)を噴霧し、励起された原子による個々の波長の発光強度を測定。
・金属、ホウ素、リン、アルミニウム、バナジウムを定量出来る。 非金属元素であるホウ素、リンの定量もできるのが特徴。
・内標準元素としてイットリウムを用いる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。