<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

公害防止管理者(水質)合格を応援します!


公害防止管理者とは、工場において公害防止体制を整備するために設置される管理者です。現在、全国の特定工場には国家資格に合格した公害防止管理者を、置くことが義務付けられています。環境問題への取り組みが進む中、今後ますます重要性の高くなる資格です。

このサイトでは、公害防止管理者(水質)試験に合格するために必要な「専門用語解説」を行っていきます。
余分な説明は省き、試験に出やすいポイントだけを簡潔にまとめていますので、覚えやすいと思います。

専門用語の意味が分からないと答えられない問題もありますので、確実に答えられるように覚えておきましょう。


その他の情報
●公害防止管理者は,公害を発生させる施設をもつ「特定工場」に勤めて,公害の発生を法律の規制値内にとどめ,汚染物質を取り除くように企業活動を監督します。
●水質関係は第1種から第4種までに分かれます(他に,大気関係(第1種〜第4種),騒音・振動関係,粉じん関係(特定・一般),ダイオキシン類関係および主任管理者がある)。

◇ 管理人:廣海 好
◇ ご意見・ご感想:hiromikou@hotmail.com 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。