<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

短期間の勉強で資格試験に合格しよう

短期間の勉強で資格試験に受かりたいと思いますよね?

では、なぜ資格を取得しようとおもいましたか?

自分自身の社会的な信頼向上?
給料アップ?
将来に不安があるから?

または、仕事上のスキルアップで必要に
迫られている方もいるのではないでしょうか。

理由はいづれにせよ、
今あなたは資格の取得に関心をもっていることに、
間違いはないと思います。

資格を取って損をすることはないですが、
資格を取る目的を達成するために、
費やす時間は少ないに越したことはありません。

いろいろ資格を取って気づきましたが、
資格を取る経過よりも資格を取って、
実務で活用していくことのほうが重要です。

要は資格を活用できてなんぼってことです。

資格を取ることが、目的になってしまっては
本末転倒となります。

したがって、資格を取るときは・・・・

資格取得後の活用が実務等で出来ることが大前提!

資格を取るなら少ない費用で最短距離を走ってゴールを目指す!!

これは合理的な資格取得方法となります。

資格試験に受かる人の勉強法


資格試験に受かる人の勉強法ですが、
まず、たくさんの参考書や問題集は買わないでください。

試験に合格できないのは、
参考書や問題集のせいだと思いがちですが、
実際は違います。

そうそう、大差はありません。

合格できない原因は、参考書や問題集にはありません。

ここを取り違えて、色んな参考書や問題集に手を付けても、
おそらく、再び合格できないということになってしまいます。

ズバリ、合格できない最大の原因は、
「その参考書や問題集を活用し切れていない」
ことにあります。

まず、参考書や問題集を選ぶ基準は深く考える必要はありません。

自分の気に入ったもので良いと思います。

カラフルで読みやすいもの、
ページ数がなるべく少ないもの、
値段が一番安いもの、
・・・など、自分の好みで選べば良いです。

繰り返しますが、大差はありまえん。

もっともそんなに種類は売っていませんが....。

ただ、1 つだけ提案するとすれば、
“教科書的な位置付けの参考書”と“問題集に特化したもの”
の2 冊を用意すると良いということです。


では、資格試験に受かる人の勉強方法を具体的に紹介します。
私の勉強法でもあります。

この勉強法で、
高圧ガス、危険物、エネルギー管理士、公害防止、
などの一般的に難しい部類の資格に合格していますの
で安心してください。

まず、教科書を章単位で読みながら、
重要な部分はノートや紙に書き出します。

書き出すときは、殴り書きで構いません。

時間がもったいないので、丁寧に書く必要はありません。

後で、自分が読めれば良いのです。

そして、各章に該当する問題集の問題を解いていき、
間違った所は分かるように印を付けておきます。

最後まで読み終えたら、間違った問題だけをもう一度解いていき、
間違った所はさらに分かるように印を付けておきます。

再度、間違った問題だけを解いていき、
間違った所はさらに分かるように印を付けておきます。

すべての問題について最低一度は正解できるようになったら、
最初から同じことを繰り返します。

二周目が終わったら、勉強完了です。
少々分からないところがあっても問題ありません。

「それだけでいいの?」
と思うかもしれませんが、
本当にそれだけです。

資格試験に合格するには、
色んな参考書や問題集に手を出すのではなく、
1 つの参考書、問題集に集中して、勉強し尽くすのが
最短ルートです。

究極のの勉強法はズバリ、
繰り返し勉強すること(反復学習)だということです。

試験は基本的には、合格してもらおうとして
作られていますから、過去問を繰り返しておけば
そうそう解けない問題など出ないです。

出たとしても、60点取れば合格なわけですから、
全部説く必要は無いんです。

合格のポイント
「過去問を繰り返し勉強せよ」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。